» 2017 » 2月のブログ記事

占いの仕組みってものすごく気になりませんか?
なんで当たるの?と疑問に思っている方もきっと多いハズ。
そこで、こちらでは占いの仕組みと根拠について調べてみました。

命術と呼ばれる占いは、循環という考え方によって成り立っています。
二度あることは三度ある。つまり過去の出来事を参考にして、また同じ出来事が発生するのではないかと未来を予測していました。

そしてそれは、天体の循環を使用して占っていました。

例えば西洋占星術であれば、「水星と木星がこの位置関係にある時は、運の良い出来事が起こっていた。
だからもう一度このパターンが巡ってくれば同じような運の良い出来事が起こるはずだ。」 みたいに、過去の出来事と天体の循環を結びつけて考えていたのですね。

そして、西洋占星術や四柱推命は色々な循環を組み合わせて、細かく未来を占うことができます。

例えば、四柱推命では<産まれた年・月・日・時間の4つの循環>と<60個の星>を組み合わせて占うことで、的中精度を上げています。そこで使用される組み合わせは単純計算で60×60×60×60=12,960,000。約1千3百万通りとも言われています。

つまり、循環を複数組み合わせることで未来の予測を可能にしていたのです。こ
の論理が占いが当たる仕組みであり、その根拠になります。

カラコンってたくさんの種類がありますが、最近では安全性の高いカラコンを選ぶ方が多いですよね。
こちらでは安全性の高いカラコンの見分け方を紹介しますので、目に良いものを選びましょう。

安全性のの高いカラコンを見分ける一番簡単な方法として手っ取り早いのが、大手販売店での取り扱いがあるかどうかを確認することです。

日本の大手販売店は、必ず眼科と提携しています。つまり、その提携先の眼科の規定内に収まる製品しか、取り扱えないということです。

また、大手販売店は、自社のブランドを下げないため、取り扱う製品に関しても独自の基準を設けており、それに満たないものはそもそも取り扱わないようにしています。

ドン・キホーテなどの量販店が定める基準に比べ、コンタクトレンズ販売店が定める基準は、やはりそれを専門に取り扱うだけあって厳しくなっています。

本当に安全性の高いカラコンを使いたいのであれば、大手販売店が取り扱っていて、なおかつ、国民生活センターの調査に引っかかった数が少ないものを利用するといいでしょう。

安全性の高いカラコンに焦点を定めすぎてしまうと、選べる色や着色直径の幅がかなり限られてしまいますね。
安全性を取るか、おしゃれを取るかということになってきますね。