» 2017 » 1月のブログ記事

特に冬場には乾燥するのでリップクリームはとても大事ですよね。
でもリップクリームの正しい選び方がわかっていない方ももしかしたらいるかもしれませんね。
こちらでは正しいリップクリームの選び方を紹介します。

唇のケアといえばリップクリームですよね。

値段が安いものよりは、高いもののほうが保湿性などに優れている物が多いですが、高ければいいというわけではありません。
その中でも自分に合ったものを探し当てなければいけません。

メンソールが含まれているリップクリームは、刺激が強かったり乾燥を悪化させるおそれもあります。
また、色の付いたリップクリームなどは避けた方が無難です。

リップクリームというのは、唇に潤いを与えて荒れを防ぐことが本来の目的です。
ですので、荒れてから使うときはまた違うものを使います。

日常的に保湿ケアや荒れの予防で使うのであれば、「薬用」や「医薬部外品」と表記されたものを選びましょう。

「薬用(医薬部外品)」とは、有効成分が入っており、治療のためではなく「防ぐこと」が目的のものです。

唇のケアに有効な成分としてホホバオイル、天然保湿因子、ビタミンなどが配合されているものがよいです。

紫外線対策として、日中用なら「UVカット」が入ったリップクリームを使いましょう。
しかし注意すべきことは、UVカットのリップクリームは、唇が荒れている時や寝る時には使用しないことです。

血液クレンジングって聞いたことがありますか?
私も一度やってみたいなぁと思いながら、なかなか怖くてできないのですが、気にはなります。
一体どんな効果があるのでしょうか?

オゾン療法は、抗酸化力の強化による老化防止やアトピーなどの肌状態の改善、自前のインターフェロンを増やすことによるB型・C型肝炎への効果や、脳梗塞や心筋梗塞といった虚血性疾患などに効果があると言われています。
また、日常生活の中で、疲れを感じている、冷え性がひどい、いつも頭が重くて痛いという方などにも受診していただければ、その効果を強く実感できると思いますよ。

個人差はありますが1回の治療でも十分に効果はあります。
健康を持続させたり、老化予防、疲労回復等が目的の方は、1~2週間に1度の治療を続けることで、効果が維持できます。
癌の術後やウィルス性の疾患の方で免疫力向上目的の方は週に1~3度の施術が必要です。

活性化した血液は網の目のように全身に張り巡らされている総延長9万キロメートルもの血管によって全身のすみずみに行きわたり、アンチエイジング効果はもとより、さまざまな病気の改善やストレスの解消、頭痛などの痛みや肩こり、疲労などの解消や緩和、免疫力の向上、脳梗塞や心筋梗塞といった虚血性疾患の後遺症の改善など全身状態の改善等、多岐にわたる効果を期待できる治療方法です。