» 2016 » 12月のブログ記事

思春期ニキビができてしまったらかなりブルーになりますよね。
でも思春期ニキビって上手に予防すれば防ぐことができることをご存知でしょうか?
こちらではその方法を紹介したいと思います。

紫外線対策は必須!

紫外線対策はしっかりすることが重要です。
紫外線のダメージは、後々残るニキビ跡の原因になります。
野外のクラブ活動や外出時は、UVケアをすると効果的です。
市販の日焼け止め等を購入し、カバンに常備させてあげてください。
日焼け止めとして10代の人におすすめなのは、「MAMA BUTTER(ママバター)」というクリームです。
しっとりさらさらの使い心地で、人によっては刺激を感じる紫外線吸収剤やシリコンが入っていないので、小さい子供から大人まで幅広く使えます。

食事のポイントは「タンパク質」「ビタミン」

肌のターンオーバーを促進する栄養は、特に「タンパク質」が重要です。
タンパク質は、皮膚はもちろん、髪の毛、筋肉、臓器、その他身体のあらゆる部分を構成している成分です。
タンパク質を含む食品でおすすめは、豆腐や納豆、脂分を含まない鶏の胸肉やささみ、豚のヒレ肉や魚類などです。
なお、脂身の多い肉や炭水化物の摂り過ぎは皮脂分泌のもとになるので、注意しましょう。

また、ビタミン類(ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE)やミネラルを多く摂取しましょう。
これらを含むのは、人参、カボチャ、きのこ、海藻類、豚肉、ナッツ類、うなぎなどです。
好き嫌いも多い時期なので、料理方法などで工夫して、バランスの良い食事をサポートしてあげてください。