» 2016 » 11月のブログ記事

馬油ってすごく肌に良いし、アトピーが治った経験もあります。
しかし、馬油を使うことによって日焼けを助長してしまうこともあるとかないとか。
そこで、こちらでは馬油は日焼けをどう変えてしまうのか、紹介しています。

馬油を販売している会社のホームページには馬油が日焼けを助長することはないので、日中でも安心して使って下さい。
と日中の使用に問題がないと言っておりますし、実際、馬油で日焼けするのか?と会社に聞いた人もいるみたいです。
気になる回答はやはり『問題ありません』とのことだったそうです。
販売元がそう言うというのはかなり説得力がありますよね。
しかし、何故馬油が日焼けするというイメージがあるのでしょうか?
また実際、馬油で日焼けしたという方もいますので気になるところではありますよね。

馬油は酸化しやすいオイルの部類に入るんです。
酸化しにくい代表のオイルと言えばホホバオイルで、ホホバオイルには日焼け止め効果もあると言われているんですが、『ホホバオイルで日焼けした』という経験をお持ちの方も実際にいるので、オイルを使って日焼けした、日焼けしなかったというのは正直個人差があるのかなぁと思います。

湯船に浸かりながら馬油でパックするとまるで温泉に入って来たかのようなピンクでツヤツヤのお肌になれますし、翌日はお肌のトーンが明るくなりますよ。

ずっと立ちっぱなしだったり、逆に座りっぱなしだったりすると、ちょっとむくみが気になるなんていう女性はとても多いのではないでしょうか。
そこで、こちらではむくみを解消する鋤のポーズというのを紹介します。

天井に向かって足をまっすぐ上げる
まずは息を吸いながら天井に向かって足をまっすぐ上げます。
この時足の裏がちょうど腰の上に来るように腹筋に力を入れて支えることと、膝をなるべくまっすぐ伸ばすことを意識してみましょう。
手は掌を床につけておきます。

足をゆっくり頭の上に倒す
次に息を吐きながらゆっくりと足を頭の上へと倒していきます。(両手で腰をサポートしながら行うとスムーズにできます。)
なおこのヨガでは無理は禁物。体はゆっくりと曲げ無理のない程度まで足を倒しましょう。
はじめは床につま先がつかなくてもOKです。
なお首への負担を減らすため、顎と胸の間にスペースを取ることを意識しましょう。

体が硬くて鋤のポーズができない!という方もご安心を。
その場合はポーズをとる前にまず足を伸ばすことから始めてみましょう。

また、「片足伸ばし」もおすすめ。
椅子に浅く腰掛け、タオルや布に足を掛けます。
ゆっくり息を吸って吐きながら足をやや斜め上にぐっと伸ばします。
そのまま10秒ほどキープしたら呼吸を落ち着けて反対側の足も同様に行いましょう。