顔がたるむとかなり辛いものがありますよね。
特に女性にとって顔のたるみは大敵です。
そこで、今回は頬のたるみの原因について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

肌の弾力を保つコラーゲンは、年齢とともにどんどん減少していきます。その量は、50代で20代の半分ほどになってしまうのだとか。

そして量が減るだけでなく、質も悪くなっていってしまうため、どうしても弾力のない肌になってきてしまうんですね。

頬のたるみはある意味老化現象のひとつですから、放っておけばどんどんたるんでいってしまいます。原因別にしっかりと対策をしていきましょう。

紫外線にはUVA(紫外線A波)とUVB(紫外線B波)がありますが、コラーゲンがある肌の真皮層まで届くのはUVAです。

UVAは真皮にある

コラーゲン
エラスチン
など肌の弾力を保つために必要なものを破壊してしまうため、だんだん肌がたるんできてしまうのです。

肌はコラーゲンなどの他に

ヒアルロン酸
セラミド
など肌のバリア機能を保つ成分も含んでいます。

しかし肌が乾燥すると、細胞がしぼんでしまいますから、シワやたるみの元になります。

むくみは一見たるみとは関係ないようにみえますが、老廃物がたまってしまうと新陳代謝を妨げます。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする